院内保育で働くメリットとデメリットについて

院内保育は、病院やクリニックで働く人たちの為の保育施設の事です。比較的小規模で子供と向き合えるので転職を考える保育士などにも人気があります。
比較的預かり人数が少なく、一人ひとりの子供としっかり向き合える事と保護者が同施設で勤務しているので、体調が悪くなった場合やトラブル時などに保護者との連携がとりやすいメリットがあります。大がかりな行事がない事で、心身への負担が少なくて済む事も人気のポイントです。大きな医療法人が運営している場合は福利厚生が充実している事もあります。院内保育で働くデメリットは独特の勤務体系です。24時間開所している場合には、変則的なシフト勤務になってしまう事や月に数回の夜勤になる事もあります。会社によって異なる勤務になるので、必ずしも夜勤があるわけでもないので、あったとしても年間休日が充実していたりするので自分のライフスタイルに合わせて院内保育の働き方を選択する事が肝要です。院内保育の求人は、比較的小規模な事も多く、保育士の募集人数も少ない傾向にあります。院内保育の仕事に興味がある場合は、定期的に求人をチェックして備えておくことが肝要です。好条件の場合には非公開になっている事もあるので、人材紹介会社に相談するのも良いです。

院内保育の求人はそんじょそこらにあるわけではありません
院内保育=病院内保育は、お医者さんや看護師さんなどの病院で働く人のための保育園です。
だいたいが規模が小さくて、子供とマンツーマンで仕事ができるなど、仕事を買えたい保育士にも人気があるようです。

病院の保育園の場合は大体24時間性である事が多いです。
看護や医師が不足しているため、保育園があれば働けるという人を集めるのが目的のようです。
最近では人を確保する為にいんない包囲区をする事が増えています。

病児保育とは全然違います。
病児保育は病気の子供を見る事ですね。
この場合は傷病保育士という専門の資格が必要となります。

院内保育が比較的保育しに人気がある理由は、少人数であるからという理由もあります。
そして更には同じ場所に親が居るので緊急時に対応しやすいという事があります。
結果として責任が軽くなります。

通常の保育園は親が別のところにあるので緊急時には必ず連絡しなければなりませんし連絡を忘れてしまったり行き違いがあると大変な事になります。

後病院内保育の場合歯医者や看護師が親なので医療についての知識が豊富です。
なので、急に子供の状態が悪くなった時に、正しい医療知識で対応できる為、問題が起こり難いのです。
通常の親の場合はそんなに医療知識が豊富という訳ではありませんので、間違った対応をしてしまう事があります。
その場合は親の責任ですが、未熟な親の場合は責任転嫁をしてこちらの生にする事もあります。

<<病院保育士求人>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です