本当に売って後悔しませんか?

貴金属や着物が好きだった祖母が亡くなって遺品整理する必要があり、当時価値がまるで分らなかったこともあり、父と相談して遺品買取りを行っている業者を呼んで買取りしてもらいながらの遺品整理をしました。どうしても手放したくないと亡くなる直前まで祖母が大事にしていた指輪のみを残して他は全部処分するつもりでした。

着物も貴金属も残しておいても場所を取るだけ、それならばリサイクルでも何でもした方がずっと良いだろうと思っていたのですが、祖母が最後まで大事にしていた指輪も着物も他の貴金属や毛皮など、総額でもその程度?と聞き返したくなるような安い金額を提示されました。毛皮や着物はまだしも、貴金属の買取に関してはそこそこ金額が上がっている時でしたので、そんな低額になるはずはないし、そんなに安い額で買い叩かれるくらいなら売らない、と言っていたらどんどん金額がつり上がりました。安い金額を提示して、それで買い取れたら大きく粗利が取れる、などの理由でしょうが、あからさまに安すぎる金額にその買取業者には売りませんでした。
後日他の業者を呼んで買取をしてもらいましたが、最初に呼んだ業者の倍くらいの金額になっていて、それで良いかと思いそこの業者に買取をお願いしましたが、後にひょんなことから買取会社に勤めることとなり約1年買取をしましたところ、倍の金額でさえ安く買い叩かれていたんだと知りました。こんなことならば祖母の形見として持っておけばよかったと思ってももう後の祭りです。
遺品を売る時には今一度よく考えてみるべきと学びました。思い出の品をそんな安価で売っても後悔しないか否か。あのときもっと考えておけば良かったと心から思います。

遺品の買取りはちゃんとしたところにしてもらわないと良くないと思います。
なぜならずさんな扱いをされて嫌な思いをするからです。
そんな思いをするくらいなら売らない方がましと思えるような業者が結構います。

こういう人たちを取り締まる法律があればいいのにと思いますがなかなかありません。
遺品ばかり見ていると思い出があふれてきてしまうのであまり見ないようにしていますが、それにしても変な業者が多いなぁと思います。

いっそのこと自分で遺品整理の業者をやってしまおうかなと思ったりもしてしまいます。
それぐらいなんです。

でも毎日のように遺品整理ばかりやっているとだんだん疲れてきて鬱病になってしまいそうです。

鬱病になるくらいならいいんですけどね。
ミイラ取りがミイラになるようなことがなければいいのですが・・・

遺品には家の中にある物もあれば家の中にないものもあったりして時々驚きます。
レンタルコンテナ?レンタルボックスというのでしょうか、貸倉庫のような所にいろいろな物を隠してあって、いったいどこで集めたのだろうと思うような不思議な置物やアンティークグッズなどが所狭しと置かれていました。

あまりにも訳が分からない品物なのですが、一応全部ヤフオクにだしてみたら、いくつか偉い高く売れてびっくりしました。
そういうこともあるのですね。

ひとつ、本物の翡翠の置物があったのですがこれがヤフオクで1170万円で落札されました。
出してみないと分からない物ですね。
そんな値段になるとは思ってもみませんでしたしびっくりしました。

遺品整理というのは大体そんな感じです。
幾らに成川からないものがたくさんあるんです。

だから遺品整理の業者はもしかしたらぼろもうけしているんじゃないかなぁと思ったりします。
スゴク高い物をお金をもらって引き取って、それを売ったりしていけば多分食うには困らないことは容易に想像できます。

それぐらい簡単なんですよね。遺品整理業者で生きていくのって。まだまだ地域ビジネスだし、競争が激しいところもあれば競争が激しくないところもあると思います。

激しくないところで遺品整理業をやっていけばそこそこ稼げるのではないでしょうか。
私は密かに古家再生投資であちこちを転々としながら遺品整理ビジネスをやってもうけられないかと思っています。

遺品買取り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です